業界レポート、無料ダウンロード

経営メソッド

  • 今こそ「交通事故」から「労働災害」へのシフトの時!

    今こそ「交通事故」から「労働災害」へのシフトの時!

    いつもメルマガをご覧いただきありがとうございます。 株式会社 船井総合研究所の士業支援部の山本千穂です。 今回は11月2日(土)に開催いたします人身傷害業務研究会のご案内をいたします。今回のテーマは「労働災害」のため、これら労働災害の取り組みを検討されている事務所様にはぜひご参加をいただきたい内容になっております。 なぜ船井総研は労災をおすすめするのか? おすすめする3の理由は下記です。
    続きを読む >>

  • 弁護士1名でも実現可能!「業種特化」の顧問契約で顧問先100社開拓・98%継続した秘訣とは?

    弁護士1名でも実現可能!「業種特化」の顧問契約で顧問先100社開拓・98%継続した秘訣とは?

    弁護士1名でも実現可能!「業種特化」の顧問契約で顧問先100社開拓・98%継続した秘訣とは? 皆さま、いつもお読みいただきましてありがとうございます。 企業法務グループの大橋です。 近年、企業法務分野への参入事務所が増加傾向にあるなかで、 プロモーション戦略のみでの差別化では顧問獲得・継続ともに難しい状況がみられます。 そのようななかでも、顧問契約数・継続数を伸ばしている事務所の特徴は、
    続きを読む >>

  • ”これだけ読めば分かる!” 顧問契約営業のポイント

    ”これだけ読めば分かる!” 顧問契約営業のポイント

    いつもお世話になっております。 企業法務グループの吉冨です。 最近、全国の先生方から新しく企業法務分野に取り組みたいというお声を頂戴しています。 新型コロナウイルス感染拡大により、地域や取り扱い分野によっては大きく反響数・受任数が落ち込んできており、新しく収益の柱を構築するうえでも、企業法務分野に取り組みたいという先生方が増えてきました。 企業法務は何から着手すべきか とは言えども、
    続きを読む >>

  • 【2021年最新!労災情報】弁護士なら押さえておきたい!コロナ禍においての最新の労災ニュース2選

    【2021年最新!労災情報】弁護士なら押さえておきたい!コロナ禍においての最新の労災ニュース2選

    いつもお世話になっております。 士業支援部・人身傷害業務研究会の主幹を務めております山本千穂です。 今回から、数回に渡って「労災に関する最新の情報」をお伝えをいたします。 2020年から新型コロナウイルスにより人の動きが減ったこと、また、近年の自動運転技術が高まったことが要因となって交通事故案件は年々減少傾向がございます。 ぜひ、交通事故をメインに取り組んでいる事務所様に労働災害分野を
    続きを読む >>

  • なぜ、いま企業法務分野に参入する法律事務所が増えているのか?

    なぜ、いま企業法務分野に参入する法律事務所が増えているのか?

    企業法務に取り組み安定経営と組織拡大を成功させる! いつもお世話になっております。 企業法務グループの吉冨です。 最近、船井総合研究所に全国の弁護士の先生方から企業法務分野でのコンサルティングのご依頼を数多く頂戴しており、企業法務をテーマにしたセミナーにも新しく参加される先生方が増えています。 なぜいま、企業法務分野に取り組む法律事務所が増えているのでしょうか。 企業法務に取り組む2つの
    続きを読む >>

  • 【業績アップ×生産性向上】船井総研の提案するビジネスモデル×デジタルで業績向上と生産性向上、そして顧客満足度の最大化を実現

    【業績アップ×生産性向上】船井総研の提案するビジネスモデル×デジタルで業績向上と生産性向上、そして顧客満足度の最大化を実現

    今では非常に多くの弁護士向け業務管理システムが開発されており、結局どのシステムがいいのか?というお悩みを抱えていらっしゃる先生方も多いのではないでしょうか。 我々船井総研は、今までのコンサルティングのノウハウを基に、経営に密着したシステムを開発すべきだと考え、単なる”案件管理システム”には留まらず、「業績・生産性を上げるシステム」として先生方にご活用いただけるプロダクトを開発いたしました。
    続きを読む >>

  • 顧問契約ができている先生方に共通する3つの理解とは?

    顧問契約ができている先生方に共通する3つの理解とは?

    皆さま、こんにちは。船井総研の氷熊です。 船井総研が企業法務分野の開拓を目指す先生方のサポートを開始してから約5年経過しましたが、以前はプロモーションをすれば取れていた顧問が、近年では競合過多になりつつあり、単純なプロモーションだけでは獲得できなくなってきました。 一方で、競争が激しくなった現在でも、顧問を獲得できてる事務所は顧問獲得のペースを高めています。 それらの事務所にヒアリングしてい
    続きを読む >>

  • 相続相談わずか10か月で600件「相続ラウンジ」

    相続相談わずか10か月で600件「相続ラウンジ」

    開始10か月で600件の相続相談「相続ラウンジ」 2020年1月にJR博多駅に隣接する博多マルイ5階にて運営を開始した 「相続ラウンジ」をご存知ですか? 運営開始10か月で600件の相続関連の相談を受け、150件受任をされるなど、 士業事務所の新たな相続相談業態として大きく注目されています。 「相続ラウンジ」を運営するのは「弁護士法人菰田法律事務所様」です。 これまでの士業
    続きを読む >>

  • 今事務所が抱える課題はマーケティングかセールスか、違いを理解し業績を上げる重要性

    今事務所が抱える課題はマーケティングかセールスか、違いを理解し業績を上げる重要性

    2021年第一四半期の各事務所様の業績を俯瞰するとリスティング広告を中心としたペイドメディアの流入比率が高い事務所様は、 リスティング広告の高騰により利益率が下がっており、厳しい所までいかなくとも方向転換の必要性を感じ、相談を受ける機会が増えています。   一方で、コンテンツマーケティングを中心にオウンドメディアの流入比率を、 時間をかけて高めた事務所様との利益率の差が広がってお
    続きを読む >>

  • 【企業法務分野】「業種特化」×「サービス開発」が顧問契約・維持の成否を決める!?

    【企業法務分野】「業種特化」×「サービス開発」が顧問契約・維持の成否を決める!?

    皆さま、こんにちは。 企業法務グループ マネージャーの吉冨です。 企業法務分野に参入する事務所が全国的に増加しており、プロモーション戦略だけでの差別化と顧問獲得が近年、難しくなってきています。 今後は「債権回収ができる」「契約書が見れる」「労使トラブルに対応できる」といった総花的な顧問業務での打ち出しではなく、特定の業種の顧問契約率・契約比率を高めていくことで、その業種特有の
    続きを読む >>

<< 前の記事を見る